「ゆるなちゅフォト」ってどんな写真?!

ゆるなちゅフォトとはどんな写真?

このブログの名前にもなっている「ゆるなちゅフォト」て、一体どんな写真なの?」と思っている方も多いかもしれません。

今回は、ゆるなちゅフォトについてや、私が思う写真についてお話したいと思います。

ゆるなちゅフォトとは?

「ゆるなちゅフォト」とは、あくまでも私が考える「ステキでかわいい、女子受けする写真」のこと。

今ではゆるかわ写真など、女子受けする写真などには、色々な名前がついていますが、私が試行錯誤しながら習得した写真の撮り方や編集方法で作られた、ステキな写真やかわいい写真を「ゆるなちゅフォト」と呼ぼうと思って、私が名付けました^^

主に私が「ステキだな、かわいいな」と思うゆるなちゅフォトとは、

  • 伝えたいことが伝わる写真
  • 雰囲気や味のある写真
  • 共感や感動を与えられる写真
  • 写真を見ただけで風景が感じられる写真

だと思っています。

これらについて、ちょっとお話していきますね。

伝えたい事が伝わる写真とは

伝えたい事が伝わる写真って、なかなか難しいのですが、写真には「ただキレイに見える写真」と「伝えたいことを伝えられる写真」の2種類あるのではないかなと思っています。

ただきれいな写真を撮ることって実はそれほど難しいことではなく、写真の撮り方のテクニックを知れば、誰でも撮ることはできるんですよね。

難しいのが「伝えたいことを伝えられる写真」。
これは撮影テクニックがどんなに上手くても、きれいな写真を撮れる方でもなかなか難しいです。
(私もこれは永遠のテーマです)

伝えたい事が伝えられる写真とは、撮る側が「あっ、この風景ステキだな!」「この雑貨、かわいい♪」「美味しそう!」などという感情がまずないと撮ることが難しいと思います。

ただただ写真映えするから・・などの理由で写真を撮っても、それは撮影した側の思いや気持ちが全くこもっていないので、「ただキレイに見える写真」にすぎません。

だからこそ「伝えたいことが伝えられる写真というのは、見る側に色々な思いを感じさせてくれるんだと思います。

雰囲気や味のある写真とは

これも先ほどの伝えたいことが伝えられる写真と同じですが、写真を見たとき、その写真1枚でその場の空気感などがわかる写真や、趣(風情など)の味わい深い写真のこと。

これもなかなか難しいんですよね^^;

写真って、撮った人の個性がどんな写真にも出るんですよね。
(だから、この写真はこの人かも?というのが、わかります)

それはやっぱり、写真の雰囲気だったり味だったり・・というのがあるのかなと思います。

共感や感動を与えられる写真とは

自分が撮った写真を見て、自分が感じたことを感じてもらえる写真のこと。

と言っても、10人が10人、自分が感じたことを写真を通して感じてもらえるとは限りませんが(見た人によって感じ方はそれぞれですもんね・・)、多くの方に「かわいい!」とか「美味しそう!」とか、「この風景は絶景だ!」など、自分が感じたことを感じてもらえる写真です。
(これもなかなか難しいんですよね・・・)

写真を見ただけで風景や情景が感じられる写真

これも今までお話してきたものとかなりかぶりますが、写真を見ただけで写っていない風景や情景までもが想像できるような写真のこと。

これもまたまた難しいのですが^^;、皆さんも写真を見て写っていない風景や情景、その先にあるものを想像したり・・・などの経験があると思います。

***

上記のことからもわかるように、ただただきれいな写真ではなく「見た人が、それぞれ色々なものをイメージできたり、想像できたり、撮影者の気持ちや思いを感じる」写真のことを、私は「ゆるなちゅフォト」だと思っています。

これってテクニックだけじゃどうにもならないことばかりですが、ゆるなちゅフォトを撮るためには、やっぱりある程度撮影のテクニックや編集加工のテクニックも必要になります。

このブログでは、ここでお話したようなゆるなちゅフォト定義をもとに、私が普段写真を撮っている撮影方法や写真の編集加工の方法などについても、はじめての方でもわかりやすくご紹介していきたいと思っています。

ぜひここで写真の撮り方などを覚えていただいて、InstagramやTwitterなどで「#ゆるなちゅフォト」「#yurunachu」というハッシュタグを使って、写真を公開していただけると嬉しいです♪