無印良品週間は11/1午前10時まで!

私にとってのQUALITY OF LIFEを考える

私にとってのQUALITY OF LIFEを考える

ここのところ「生活の質」や「人生の幸福」などについて考えることがあります。

うーん、ここのところ・・というよりは、ここ数年意識していたというか、頭の中にぼんやりと考えていた感じです。

QUALITY OF LIFE(QOL)とは

QUALITY OF LIFE(QOL)とは

「QUALITY OF LIFE(QOL)」という言葉を最近よく耳にすることがありますが、QUALITY OF LIFE(QOL)とはWikipediaによると、

クオリティ・オブ・ライフ(英: quality of life、QOL)とは、一般に、ひとりひとりの人生の内容の質や社会的にみた生活の質のことを指し、つまりある人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているか、ということを尺度としてとらえる概念である。QOLの「幸福」とは、身心の健康、良好な人間関係、やりがいのある仕事、快適な住環境、十分な教育、レクリエーション活動、レジャーなど様々な観点から計られる。

※Wikipediaから引用

とのこと。

「QUALITY OF LIFE(QOL)」は、もともと医療用語として生まれましたが、最近では医療用語以外に「生活の質」と訳されて使用している方が多いようです。

「生活の質」というと、「生活水準」と混合してしまいがちですが、生活水準とは違います。

「生活水準」とは、単純に経済的な水準が高い低いを示し、「生活の質」は、「自分自身にとって満足のいく幸せな生活(人生)」を送れているかということ。

私にとってのQUALITY OF LIFEってなんだろう?

私にとってのQUALITY OF LIFEってなんだろう?

私にとっての「QUALITY OF LIFE」って、なんとなくこう、ぼんやりというかモヤッとしていたんですよね。

自分にとって満足のいく幸せな生活ってどんなものだろう・・と、考えれば考えるほど、どこかもやっとしていて、うまくまとめることができませんでした。

でも、ここにきてやっと少しずつだけど頭の中で形になってきています。

私にとっての「QUALITY OF LIFE」は、家族や私がわが家で快適に暮らせるように掃除をしたり、家族のためにおいしいご飯を作ったり、家族のために家事を頑張ったり、私自身の心の豊かさだったり、私にとっての生きがいだったり、家族と私自身のために働くことだったり。

もちろん、そのほかにも健康でいることや、人間関係とかも。

それと、経済的な余裕があれば人生は幸せで楽しいか。
といえば、私は違うと思う。

確かにお金は生きていく上では大事なものだけど、人生すべてが「お金」になってしまったら、どんなことでもまずはお金を考えるから(損得とかね)、お金はあくまでも手段として考えたいと思ってます。

手段だからと言って、大切にしないというわけではないんですけど、人生すべてが「お金」になってしまうのは、なんか違うから・・。

世の中にはお金をいくら持っていても手に入れられないものはいっぱいある。
お金で手に入れられないものって、人の心だったり心の豊かさだったり、目には見えないけど大切なものが多いですよね。

そういうものも私は大事にしていきたい。

自分自身にとって満足のいく幸せな生活(人生)って、簡単そうでなかなか奥が深くて、わかってるつもりだけど実際にはわかってないことが多くて・・。

もしかしたら、死ぬ直前まで「自分自身にとって満足のいく幸せな生活(人生)」を模索するのかもしれないけど、私や家族の「QUALITY OF LIFE」を見つけていきたいと思います。