長女に子どもが生まれて私もおばあちゃんに。

長女に子どもが生まれて私もおばあちゃんに。生まれつき心臓に穴が開いていました

昨年12月、長女が男の子を出産しました。

2,500gギリギリで生まれましたが、保育器に入ることなく無事に親子で退院することができました。

娘は私以上に安産で、陣痛が来てから4時間かかるかかからないかで出産♪

長女の旦那さんも立ち会い出産ができて、本当によかったです。

男の子ですが、長女にそっくりで(旦那さんに申し訳ないくらい・・・)、なぜか我が家の長男や次男の小さい頃にそっくり(笑)

我が家の子ども達に似ていることもあって(なくてもですが)、孫ってめちゃくちゃかわいいですねー!!

長女、妊娠中に切迫早産になりかけて自宅安静に

長女の妊娠中は私よりも大変そうでした

長女は、妊娠初期のつわりはほとんどありませんでした。

逆に私はつわりがとても酷く、妊娠がわかる頃から6ヶ月、7ヶ月くらいまでほとんど寝たきり・・・。

最初に長女の妊娠がわかったとき、私のようにつわりが酷かったらかわいそうだな・・と思っていたんですが(私も私の母もつわりがひどいんです)、なぜか長女はつわりがほとんどなく、うらやましいくらい順調な妊娠生活を送り始めました^^

だんだん少しずつお腹が大きくなってきたとき、久しぶりに長女に会って少しずつ大きくなってきているお腹を見たら、なんとなく下に下がっているような気がしたんですよね。

長女にも「なんだかお腹がちょっと下がってない?お腹張ったりしない?」と聞いてみたのですが、産婦人科でも順調と言われているし、お腹の張りはたまぁにある気がするけど大丈夫だよ」と言っていたので、もしかしたら私の気のせいかなと思っていました。

それからもたまに電話したときにお腹の張りのことについて聞いてみたのですが、たまに張るけど先生も順調って言っているとのことで、普段の生活をしていたんですが・・・。

妊娠8ヶ月になったときに、産婦人科の先生から子宮頸管が短くて切迫早産になってしまうかもということで、自宅安静になってしまって・・・。

私はつわりはひどかったものの、それ以外は何も問題がなかったもので、長女から切迫早産と聞いてものすごく不安になったのを覚えています。

自宅安静をしていれば大丈夫とのことで(といっても、トイレ以外は寝ている状態です)、旦那さんがとても協力してくれたこともあって、乗り切ってくれました。

妊娠37週くらいになったときに、やっと自宅安静が解除になりました^^

私は自宅安静はしたことがないので、長女がどのくらい大変だったのかは想像することしかできませんが、1日中なにもしないで寝ていることがかなりの苦痛のようでした。

ニンテンドーDSを次男から以前借りていた長女は、あまりのヒマさにどうぶつの森をやり始め(ダウンロード版がもともと入ってました)、とうとう攻略本も旦那さんに買ってきてもらい(笑)、自宅安静の約2ヶ月間、毎日ずっとやっていたそうです^^;

そんなこんなな妊娠生活でしたが、出産は先生もビックリするほど超安産。

初産でこれだけ時間もかからず生まれたので、産婦人科の先生に「二人目はもっと早く生まれるかもしれないから気をつけて」と言われたそうです^^;

おばあちゃんになった私。気持ちの変化は?

さて、45歳にして孫が生まれ、おばあちゃんになった私。

私自身が長女を20歳で出産しており、実の母は48歳でおばあちゃんになりました。

実の母よりも3歳若くおばあちゃんになったわけですが(長女は24歳で出産しました)、自分の子ども(次男)がまだ13歳なので、孫といってもなんだかすごく不思議な感覚なんですよね。

長女の住んでいるところは、我が家から車で1時間半くらい離れているので、1ヶ月に1回くらいしか孫には会えませんが(長女は車の免許をもっていません)、たまに会って孫を抱っこすると、私が長女や長男、次男たちを育てていたときを思い出すというか、なんだか錯覚してしまう感覚があるんです。

うーん、なかなかうまく文章にはできないのですが、次男と歳の離れた子どものような感覚もどこかに多少あり、でも長女が産んだ、私にとっては孫という感覚のほうが大きいというか・・・。

孫ってなんだかとっても不思議な存在です。

よく、自分の子どもよりも孫のほうがかわいいといいますが、実際に孫が生まれて思ったのは

自分の子どもも孫も、どちらも同じようにかわいいし、愛おしい

ということ。

確かに、孫には責任はないのでかわいいのは本当です。

でも、自分の子どももかわいいんですよ(笑)

どっちか選べ、と言われても選べません^^;

長女が生まれてこなければ、孫も生まれませんでしたし、いくつになってもやっぱり自分の子どもは特別な存在です。

その子どもが産んだ子ども(孫)がかわいくないわけはないですよね^^

だから、子どもも孫もどちらもかわいいし、愛しいです。

孫が生まれる前は、自分の子どもよりも孫がかわいいってどんな感じなんだろうなぁ、なんて思っていましたが、実際に孫が生まれておばあちゃんになってみると、孫のほうがかわいいというわけではなく、子どもも孫もどちらもかわいいということがわかりました^^

長女が産んだ子どもだけど、私が産んだ子ども達に似ているのも不思議な感じですね(笑)

1ヶ月検診で心臓に穴が開いていることがわかった孫

1ヶ月検診で心臓に穴が開いていることがわかった孫

長女は里帰り出産をしなかったので、孫が生まれてからは私が頻繁に長女のところに通っていました。

久しぶりの赤ちゃんだし小さく生まれたこともあって、孫の世話をするのもおそるおそるでしたが、はじめての育児で疲れ気味な長女が少しでも休めたらいいなと思って、おばあちゃんは頑張ってお世話しましたよ(笑)

そんなこんなで無事に1ヶ月になるというころ、1ヶ月検診がありました。

そこで、孫の心臓に穴が開いていることがわかり、大きな病院で診てもらうようにということで紹介状をいただき、後日大学病院に連れて行ったところ、やはり心臓に穴が開いているとのことで、現在は定期的に病院に通っています。

心臓に穴が開いていると聞いてものすごく心配したのですが、調べてみるとどうやら新生児にはよくあること(1,000人に1人の割合)らしいです・・・。

でも、2歳ごろまでに心臓の穴が自然に塞がることが多いとのこと。
(もしその頃までに塞がらないと手術することもあるそうです)

とりあえず、2歳ころまでは経過観察のみで定期的に病院に通ってレントゲンなどを撮ったりするようです。

先日も通院日だったので病院に行ったのですが、レントゲンを撮ると穴が小さくなっていたそう!

長女から電話をもらったときは、ホッとしました^^

この調子だと2歳までには穴もふさがってくれると思いますが、まだまだ油断は禁物。

無事に穴がふさがるようになるといいなと思っています。

***

やっぱり、孫は本当にかわいいです!

孫が生まれてからというもの、赤ちゃんをテレビや街角で見ても「うちの孫のほうがかわいいわ~~♪」なんて、ばばバカ全開(笑)

夫も孫がかわいくて仕方ないようで、もしかしたら私よりも孫にデレデレかも^^

孫に会うたびずっと抱っこしています(笑)

孫も今月で3ヶ月。

これからもすくすく元気に大きく育ってほしいなぁと思ってます^^